2014年10月14日火曜日

無事、届けてきました。(その2)


9月29日 国立コロンボ総合病院へ


















とても、大きく立派な病院です。
ただ、保険制度が日本と違い、国立病院は、保険に入れない人々に無償で医療を提供しているそうです。ただ、入院中は保障されていても退院したらすべて実費です。
日本のような国民皆保険も介護保険も身体障害者保健もないのですから、その費用は大変です。
日本で、3割り負担でも高い!と思う時がありますが、実費は約3倍です。


病院の中にお寺がありそこで授与式?が
行なわれました。

病院という場所は、心の拠り所としてもお寺という場所に近いところでありながら、日本では、縁起が悪いと嫌煙されてしまいます。

そういう意味では、スリランカでは仏教が生活に密着し根付いている様子が伺えます。

車椅子は、自宅に退院される方に提供されるそうです。病院では車椅子が使えても、自宅に帰ったから寝たきりになってしまっては・・・




その後、プレゼントを持って小児病棟へ
移動中、普通に外に通路をストレッチャーが
搬送されてましたが・・・

搬送方法が違う・・・
患者さんを搬送する時は、足から移動するのが
基本だが・・・逆・・・
この先の建物に入る時、坂のスロープを上がる時は頭が先でも良いが・・・

また、ストレッチャーに輸液架がなく、点滴がお腹の上に乗せられていたり・・・
輸液ライン詰まっちゃうよ~
気になりながらも ひっきりなしに救急車が来て
多分、家族や患者さんが沢山いらしており、スタッフの大変さも伺えます。


病院の中も、人が多く廊下も暗く狭く
いわば、野戦病院という印象です。










小児病棟は、4人部屋より少し広いくらいですが、ベッドがめーいっぱい詰め込められていました。

日本では、1m以上離すことが推奨されてますが、人1人通れる間隔です。
カーテンもありません。






日本では、すっかり見かけなくなったナースキャップ。スリランカでは、ナースキャップを付けてます。やはり、看護師の象徴てすからね。

厳しい状況でありながらも、スリランカの看護師さん達は、笑顔でたくましく感じられました。

ふと・・・人は環境が良くなっていくと弱くなるのかしら・・・







プロジェクトが立ち上がって1年。
スリランカには、行けないけど・・・と車椅子の清掃や梱包作業に参加された方。
少しだけど・・・と寄付を下さった方。
タオルや種を集めて下さった方。
車椅子を預かってくださった方。
いろいろ声を掛けて下さった方。
様々な方が、様々な形で陰ひなたご協力くださり
車椅子を届けることができました。
改めて、感謝申し上げます。

づけ

2014年10月13日月曜日

ありがとうございました





日本人9名。
私が参加させてもらったDAの中では、最も小グループでした。








小人数だからこそ助け合うことが
 より意識させられるツアーでした。
  


米屋から運搬

初めてのバケツリレー


また行きたくなるようなスリランカでした。
参加できたことに感謝いたします。
ありがとうございました。

たらい

2014年10月12日日曜日

スリランカの学生たちとバザー

運転手さんも一緒に、鉛筆を包装

センターで共に宿泊しているスリランカの学生ボランティアの活動資金とするため、日本からの物資で、バザーマーケットを開くこととなりました。
いくらなら売れそうか。セットにするのと単品と、どちらが買いたいだろうか。話し合いながらの準備でした。



なんと、センターの近くのお店の前を貸してもらえました。
前夜に、かごがあると並べやすいねと話していたところ、
このお店から、かごや机まで貸してもらえることに。









スリランカ人も日本人も
ミャンマーのタナカで日焼け予防

※ 塗らなかった腕や首は、真っ赤に焼けてしまいましたが、顔はセーフ。凄いな、タナカ。










通り過ぎるバイクや車にも、
じゃんじゃん呼び込みをしてると、
止まって見に来たり、道路往復の帰りの時に寄ったり。



人が群がってると、なんだろうと更に人が集まるのも、



女性の買い物熱も、
全世界共通ですな。


陳列した品物が、みるみるうちに減っていくのが明らかにわかり、最後にはほとんど何もない状態に。

この日の売り上げは約40,000ルピー!
(4万円くらい)

主な出品:タオル、衣類、さらし、ノート、鉛筆、ボールペン、ハブラシ、ブラシ、ひげそり、消しゴム
やはり、きれいな柄のタオルは先に売れてました。


「いらっしゃい」「安いよ」「日本の物です」
「いい品物です」「今日限りです」
というスリランカ語を教わって、
大声出していると、
流暢な日本語を話す若者が立ち寄っていきました。

大いに売れた上に、お客さんとのやりとりも、
楽しいバザーでした。





車いす・タオル・さらし・・・支援物資お届け!



お届け前夜

育てた野菜を出荷するような感じ。









樹齢250年の木がホールに

【 国立コロンボ病院へ 】

日本人の感覚では?ですが、病院の中にお寺。
スリランカは社会主義国のため、国立病院の医療費は無料だそうです。しかし、医療の質は最低限。
より良い医療のために、海外等からの寄付を、お坊さんの団体を通じてとどけているということです。




車いす12台
三角ポット20個 寄付










小児病棟で、30名の子供に支援物資をお渡ししました。

タオル・歯ブラシ・紙ナプキン・おもちゃ・栄養のあるドリンク





日本からの車椅子、中古と言えども、
どの程度のものを持っていくか、出発ぎりぎりまで悩みましたが
現地では、写真のとおり、ガムテープで補強されていたり
錆があったり、かなり古い様子の車いすが利用されていました。




【 北部に位置する、アヌラダプラ病院へ 】
車いす2台
さらし54反 を寄付














【 幼稚園2か所へ 】
(津波被害から設立、継続支援をしているところでした)


支援物資をお届けしました。
幼稚園へ :CDプレイヤー
子ども達へ:タオル・鉛筆・ボールペン・石鹸・歯ぶらし・キャンディー・クッキー・ジュース
先生へ    :タオル・鉛筆・ボールペン・石鹸・歯ぶらし・歯磨き剤・ブラシ・スパイス・砂糖・塩・油・豆・米・お菓子





【 内戦のあった北部の村へ 】

内戦により村は崩壊。
さらにここ2年間、雨がほとんど降らなかったという。
寝泊まりしていた南部では、しょっちゅう雨漏りするほど雨が降っていたので、北海道ほどの広さのスリランカの北と南で、そんなことなぜ?と不思議に思いました。

それでも、今年は雨が降り始めたということで、農機具など
100家族分をそろえ、お届けしてきました。


村へ:一輪車10台

100家族へ:タオル・ひげそり・歯ぶらし・くし・ブラシ・歯磨き剤・台所石鹸・ボディ石鹸・たらい・じょうろ・鋤・鍬・米・おたま



















2014年10月6日月曜日

ヘッドレストが必要 ⇒ ならば作っちゃおう ♪


ヘッドレストをあっという間に縫い上げ
支える棒を作成











車いすに取付
頭のサイズにぴったり
背後で常に首を支えられていましたが・・・
もう大丈夫
by TARAI (FAT in Sinhala)

2014年10月2日木曜日

無事、届けてきました。(その1)

今回のスリランカプロジェクトは、9月27日~10月5日の日程。
私ともう1人は、短期コースで本日帰国しました。




9月27日10時に集合し札幌からの車椅子、
福山からの支援物資、東京からの車椅子が
集合!!

スリランカ航空には、事前に話はしてあったものの
案の定・・・・チェックインには相当の時間を要しました。







成田からコロンボまで直行便で8時間。
あっというまです。(寝てたから・・・かな?)

到着後、現地スタッフが出迎えでくれました。
そして、車椅子等を積み、

空港から学習センターまで2時間ぐらいです。
それでも、着いたのは現地時間で深夜になりました。
それでも以前は、4時間くらいかかっていたと思うのですが
高速道路が出来便利になりました。










28日、支援物資を解き訪問の準備です。














彼女は、生活全般に介助が必要な状態ですが、わずかに表情や発声で意思の表示をすることが出来ます。
ただ、首も自分で支えることが出来ないので常に支えていないといけないので、お母さんは大変です。











持参した車椅子にバックレストが付いた物がなかったため、背の部分に棒を付け作成。
サイズが合わなかったり、車椅子の金具に引っかかるため一部を削ったりして作成しました。
背の部分には、素敵な布を張り、首を支える枕もつけてもらい完成!



彼女に試乗してもらいOKの様子!
(画像がなくてすみません・・・)




その他、支援先で、一人一人に配布するセットを作成


バザーの準備。
1つ、1つ、きれいにパッケージをしていきます。
この時、停電していたので明るい表のポーチで行いました。











そして、いよいよ明日、病院に訪問します。


づけ































2014年9月26日金曜日

いよいよです。

明日、スリランカに出発です。
今日、石川、九州、北海道から皆さん成田に移動し
明日に備えています。

今日まで、厚木で預かって頂いていた車椅子も成田に移動です。

まずラベルを貼り


ワンボックス車、ぎりぎりめーいっぱいです。


今日まで、預かってくださっていた方は、
娘を嫁に出す気分だと。
本当に大切に預かってくださったことだと思います。

皆様の瞬発力、行動力、気持ちに感謝です。

車椅子のお話を頂いてから約1年・・・・
皆様のご協力や物資の支援、寄付、
ハートスペーススタッフの方々のサポート、
スリランカ現地の方々のご協力、
航空会社のご協力があり
今回、車椅子のほか沢山の支援物資を持参することができました。

日々、翻弄されている私は、反省しつつ・・・
しっかり届けて参ります。

ー感謝ー


合わせて下記もどうぞご覧下さいませ。






づけ